桃色吐息【1日1曲弾き語りにチャレンジ】その13

 

桃色吐息【1日1曲弾き語りにチャレンジ】その13

岩手県大船渡市出身シンガーソングライターー濱守栄子の1日1曲ピアノ弾き語りにチャ-レンジ!

この音源は、濱守栄子が「修行」の為に1発録音しているものです。

第13日目は、高橋真梨子さんの「桃色吐息」です。

++++++(wikipediaより)+++++++++

「桃色吐息」(ももいろといき)は、高橋真梨子の10枚目のシングル。1984年5月21日にビクターインビテーションから発売された。

解説[編集]
三貴「カメリアダイヤモンド」のCMソングとして一般に浸透し、高橋の代表曲の一つとなった。
妖艶・濃厚な大人の世界を描きながら、それまで業界の大勢であったムード歌謡とは一線を画する美しさを兼ね備えた作風であり、
同じく当年の大ヒットである安全地帯「ワインレッドの心」と並び称される。
作詞者の康珍化は本作で第26回日本レコード大賞作詞賞を受賞し、音楽界における地位を確固たるものとした。
高橋は同楽曲で、ソロ歌手としては1984年末の「第35回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした
(但し高橋自身の紅白出演は、1974年末の「第25回NHK紅白歌合戦」にペドロ&カプリシャスのボーカリストとして「ジョニィへの伝言」以来10年ぶり2回目となる)。
TBSテレビの音楽番組「ザ・ベストテン」は同曲で唯一の出演を果たす。
1984年7月19日にスポットライトで初登場。1984年8月16日以降、同年9月20日まで6週間ランクイン、最高位は5位。
なお、「ザ・ベストテン」1984年の年間ランキングは28位だった。
PENICILLINが34枚目のシングル幻想カタルシスのカップリングにてカバーをしている。

++++++++++++++++++++++++